マイケル・ジョーダンがオーナーのチーム「シャーロット・ホーネッツ」

 

NBAで活躍している、シャーロット・ホーネッツを調査しました。

 

 

シャーロット・ホーネッツとは?

2014年まで旧名を使用していたシャーロット・ホーネッツは、バスケットボール界において神様として崇められている歴史に名を残す名プレーヤー、マイケル・ジョーダンが筆頭オーナーを務めている事でも有名です。

マイケル・ジョーダン

プレイヤーはたとえバスケットボールに興味関心が無い方にも認知されている逸材であるため話題性が否が応でも高くなるのですが、加えて過去にNBAのプレイヤーとして活躍していた方がバスケットボールチームの筆頭オーナーになった事例は無い事から、史上初の出来事にマイケル・ジョーダンが担当する様子は大変話題になりました。

マイケル・ジョーダン

創設してからまだ日が浅い事も関係し、ディビジョン優勝を果たした事は無くプレーオフで2回戦に進出した事も無いのですが、2015年と2016年のシーズンはプレーオフで初勝利実現した事も相まって悲観的な見方はされておらず、これからに高い期待が持たれています。

名プレイヤー

ニコラス・バテュム

そのようなシャーロット・ホーネッツで特に能力が高く、チームを勝利に導いていると言っても過言ではないのが5番の背番号を付けているシューティングガードのプレイヤー、ニコラス・バテュムです。

フランス国籍のプレイヤーで早い段階からバスケットボールにおける高い能力が認められており、2006年には18歳以下のプレイヤー達が集まるヨーロッパ選手権にてフランスの代表団を金メダルの獲得に導きました。

翌年の2007年にも19歳以下のプレイヤー達で構成される世界選手権にて銅メダルを得ていますし、その後はトップチームの代表選手に抜擢され、2016年にはリオオリンピックに参加しました。

シャーロット・ホーネッツに合流したのはリオオリンピックの1年前にあたる2015年の事であり、フランス国籍でアメリカ国籍のプレイヤー達とはプレイスタイルが異なるものの、一切違和感を感じさせる事が無い様子でプレイし得意のディフェンスによって相手チームに得点を入れさせません。

ニコラス・バテュム

しかも、オールラウンダーなので鉄壁のディフェンスをしながら勝利をもたらす事からシャーロット・ホーネッツのゲームメーカーと評されており欠かせない存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です