ボストン・セルティックスがNBAで存在感が強まっている理由

 

NBAで最近存在感が強まっているボストン・セルティックスを調査しました。

ボストン・セルティックスの歴史

現在のNBAは世代交代を象徴するように比較的歴史が浅いチームが業界を牽引しているのですが、待ったをかけるように存在感が高まっているのが、NBAはもちろん世界中のバスケットボールの歴史を作ってきたと言っても過言ではないボストン・セルティックスの復活です。

ボストン・セルティックスはかつてバスケットボール史上最も多くNBAを連覇したという功績があり、その数は17回という驚異的な回数です。

名門かつ長い歴史を持つバスケットボールを牽引してきたというだけあり、ボストン・セルティックス自体にも長い歴史があるのですが、歴史の中では世界中で誰もが知るバスケットボールの名プレーヤーを輩出し、あらゆるタイトルを総なめにしてきました。

ボストン・セルティックスのビッグスリー

ビッグスリー

ボストン・セルティックスがNBAで以前の輝きを取り戻すようになってからも現役のプレーヤー達が次々と栄誉ある賞を受賞しており、2007年から2008年にかけて行われたシーズンでは、レイ・アレンケビン・ガーネットポール・ピアースの3人のプレーヤー達がタイトルを席巻し、NBAのファン達の間でビッグスリーとして認知されるきっかけにもなりました。

ビッグスリー

ヘッドコーチ

ブラッド・スティーブンス

このように、ボストン・セルティックスが再びバスケットボールのチームとして存在感が高められるようになったのはヘッドコーチの手腕が大きく関係しており、上手く世代交代を進め若手の割合を増やしつつもバスケットボールについて全てを知っているベテラン達を一気に減らすのではなく、一定の比率を保ち続けるという方針でチーム編成が行われたためです。

ヘッドコーチの適切な手腕により、オールスターが始まる前のイースターを2位で折り返す事に成功し、決してタイトルを獲得するのも夢物語ではないランクに居ます。

ブラッド・スティーブンス

 

Mr.第4クォーター

アイザイア・トーマス

そうしたタイトルの獲得が目前に迫っている中で、ボストン・セルティックスはポイントガードを担当させるプレーヤーを一新させる事を決定しており、候補になっているアイザイア・トーマス1度の試合で平均的30点も獲得するという能力があり、ボストン・セルティックスにとって大きな戦力になるのは必至です。

アイザイア・トーマス

 

プレーオフ2018特集ページはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です