NBAの伝説のスター選手

 

今回はこれまでのNBAの中での伝説のスター選手を調査しました。

 

 

マイケル・ジョーダン

ミドルネームを省いた名前で親しまれ、活躍していたアメリカ出身伝説のプロバスケットボール選手マイケル・ジョーダンです。

 

生い立ち

幼少期のマイケル・ジョーダン

1963年の2月17日誕生した彼の事は、たとえバスケットボールに対し興味関心が無い方でも認知している程の高い知名度を有しており、バスケットボールにおける神と崇められる事も珍しくありません。

マイケル・ジョーダンは電気技術者として高い技術力を有した父親と、銀行員に勤務していた母親から誕生した三男坊です。

ニューヨーク州のニューヨーク市にあるブルックリン区にて誕生したのですが、都会ではあるものの当時はまだ黒人に対する偏見が大きく平均所得が低かったものの、マイケル・ジョーダンの家庭は黒人の中でも裕福な部類に入る経済事情でした。

生まれて間もない幼少期の頃から、3週間連続でシリアルを完食するといったように周囲を驚愕させる食欲旺盛ぶりを見せつけ、幼少期に多分に栄養を補給した事が高身長の基礎を作り上げたと言っても過言ではありません。

 

ウィルミントンへ

その後ブルックリン区を離れてノースカロライナ州のウィルミントンに引っ越す事になりますが、ウィルミントンという土地が広い地域だからこそ常にバスケットボールとコートに接する事ができ、神と言われるまでの基礎づくりができた所以です。

 

身体能力の高さ、ライバル

マイケル・ジョーダンは非常に身体能力が高く、特にジャンプ力が高かったので、一度彼にジャンプされるとダンクシュートは免れないとして恐れられていた程なのですが、そのようなポテンシャルを持ち合わせているプレイヤーと張り合っていたのがマジック・ジョンソンラリー・バードです。

マジック・ジョンソン(右)

マジック・ジョンソンは周囲が無理だと言ってきた事を相次いで成功に収めてきた逸材であり、2メートル6センチという高身長も相まって鉄壁の防御だとし相手チームは苦戦させられました。

一見バスケットボールに最適な恵まれた体型のように感じられるものの、チームに参加する前には長身でポイントガードは前例が無いという理由で反対させられていましたが、前評判を覆すようにオールスターゲームでも大活躍し好成績を収めました。

そうしたマジック・ジョンソンから新人王を奪い取ったのがラリー・バードであり、弱冠二十歳にしてファイナルMVPを獲得した唯一無二のルーキーです。

ラリー・バード(左)

 

現在のマイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダン

現在は現役を退き実業家として活動しており、2010年にはシャーロット・ボブキャッツを買収オーナーになった事で世間の話題を席巻しました。

2016年には大統領自由勲章を受章しています。

 

■NBA 伝説のヒーローたち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です