NBAの歴史

 

今回はNBAの歴史を調査しましたのでご紹介します。

 

NBA創成期

NBAの創成期は1980年代から始まり、1980年代は2つのチーム二大勢力としてバスケットボール界を席巻していました。

ボストン・セルティックスにはラリーバードがに在籍しており、ロサンゼルス・レイカーズにはマジックジョンソンが在籍していたという様子からもわかる通り、現代まで色褪せる事無く語り継がれている名プレーヤーが各チームに居たという事から、一気にNBAのレベルを底上げした時期です。

ラリーバード

マジックジョンソン

現代において目にしても色褪せない派手なプレースタイルの様子は当然当時も注目と憧れの的であり、取り分けて派手であったチームのプレースタイルはショータイムバスケットボールと評される事もあった程です。

 

NBA黄金期

マイケルジョーダン

1990年代になると泣く子も黙るマイケルジョーダンが登場し、最もNBAが盛り上がりを見せていたと言っても過言ではない時代を迎えます。

赤色のユニフォームが目を引くマイケルジョーダンが率いていたチームは、向かう所敵なしといったマイケルジョーダンの活躍のお陰もあり、1991年から1993年にかけて3連覇という優れた成績を残します。

その頃マイケルジョーダンは絶大的な人気を得ていた上に、決してバスケットボールにおいて能力に陰りが見え始めたというわけでもないのにも関わらず、突如とし引退表明をし野球界に転身するという驚きの発言をし世間を驚かせました。

マイケルジョーダン

ところが、1995年には再びNBAの現場にマイケルジョーダンが戻り、翌年の1996年と1998年にはかつてと同じように3連覇を果たし黄金期へと導きました。

2000年代のNBA

コービーブライアント

2000年代になるとマイケルジョーダンに次ぐスーパースターが相次いで現れるようになり、マイケルジョーダンのプレースタイルや成績に憧れを抱きバスケットボールを開始したプレイヤーも多い事から、かつてを彷彿とさせる瞬間が目立つようになり往年のファンは懐かしさを抱きながら試合の行方を見守るという事が増えます。

ダーク・ノヴィツキー

NBAの現在は一つのチームによって変化が巻き起こされた渦中にあると言っても過言ではなく、ディフェンスに重きを置くこれまでの様子の常識を覆すような、非常に攻撃性が高い試合運びをするのが特徴的です。

ティム・ダンカン

試合運びがNBAの世界観も変化させたというのは当然のことながら後にも先にも無かった事なので、チームが導き出した新たなるゲーム進行の方法がNBAのこれからを作っていく事になり、そうした戦い方だからこそ順応し成績が残せる新たなプレースタイルを持ったプレイヤーが現れます。

プレーオフ2018特集ページはコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です