ヒューストン ロケッツの歴史と名選手

 

NBAで活躍している、ヒューストン ロケッツを調査しました。

ヒューストン ロケッツとは?

ヒューストン ロケッツは、アメリカ合衆国のテキサス州ヒューストン市に本拠地を置いているプロバスケットチームです。
ロケットという名前の由来は、当時の市が軍需産業が盛んだったから。
ただそのイメージだと平和に結びつかないことから、最近は宇宙開発でのロケットのイメージを採用するようになりました。

チームの歴史

パット・ライリー

チームが出来上がったのは1967年のため、すでに50年近くの歴史を持っているヒューストンロケッツ。

ルディ・トムジャノビッチ

1967年の設立当初から成績が良かったわけではありませんが、1970年代から全米に知れ渡りいい選手を獲得できるようになりました。

カルビン・マーフィー

今までの優勝回数1994年1995年2回のみですが、ファイナル進出4回も経験しています。

このことから、1990年代は非常に強いチームだったことがわかりますね!
昔に比べると上位にあがってくることは少なくなりましたが、それでも2015年にはディビジョン優勝を果たすことができました。

1980年代

ラルフ・サンプソン

1980年代になると、チームは勝利と敗北がおよそ半分ずつになってきたことから、ファンの数も増えてきた傾向があります。

アキーム・オラジュワン

その後有名な選手を次々と獲得していきましたが、その一方でラルフ・サンプソンが怪我をしたりと波乱万丈な時期もありました。

1990年代

ルディ・トムジャノビッチ監督

1992年になるころには58勝24敗の成績を収めることができ、リーグ戦2位の成績になったことはバスケットファンならば記憶に新しいでしょう。
1990余年には、NBAファイナルまで進出しニューヨークニックスと対戦しました。
第7戦までもつれこんだシリーズでしたが、見事に優勝を果たすことになります。

サム・キャセール

その翌年も見事優勝することになりましたが、その後はたびたび優勝を逃しており冬の地代が続いていました。

クライド・ドレクスラー

ですが再び2015年にはディビジョン優勝を果たし、多くのファンを喜ばせることができました。

ユニフォーム

ヒューストン ロケッツのユニホームは3種類あり、ホームでは白地に赤のラインが入ったものです。

逆にアウェイになると赤をベースにしてシルバーのラインが入ったものになります。

名選手

ライアン・アンダーソン

今までの名選手は、ライアン・アンダーソンクリント・カペラなどがおり、中にはチームを優勝に導いた選手も少なくありません。

クリント・カペラ

特に1990年代は全米の中でも優秀が先週多く輩出しており、優勝するきっかけになったのは間違いのないところです。

プレーオフ2018特集ページはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です