【ロサンゼルス クリッパーズ】弱小チーム成長の歩み

 

ロサンゼルス クリッパーズは1970年に創設されたNBAの球団です。
バッファローブレーブス、サンディエゴクリッパーズを経て、現在の球団名となっています。
今回はロサンゼルス クリッパーズを調査しました。

ロサンゼルス クリッパーズとは?

ロサンゼルス クリッパーズの本拠地は、カリフォルニア州ロサンゼルスにあるステイプルズセンター。
この競技場は、同じくロサンゼルスを本拠地とするレイカーズも利用しています。

西地区のパシフィックディビジョンに所属しますが、優勝もファイナルの経験もまだありません
古くは長く低迷した時期もありましたが、近年ではスター選手の育成や獲得にも積極的で、プレイオフの常連チームになりました

低迷期

ラリー・ブラウン

1990年代初頭、ラリー・ブラウンヘッドコーチが率いた時にプレイオフに進出するなど一時は状態が上向きになりましたが、その後またしばらく低迷が続きます。

ラマー・オドム

クエンティン・リチャードソン

エルトン・ブランド

ラマー・オドムクエンティン・リチャードソンエルトン・ブランドなど名選手が所属していた時代も、なかなかチームプレーとしてうまくいかず勝ち星が積み重ならない時期もありました。

ブレイク・グリフィン

ブレイク・グリフィン

ロサンゼルス クリッパーズは2009年のドラフトで、将来のスーパースターブレイク・グリフィンをドラフト全体1位指名。

クリス・ポール

さらに2011年に加入したクリス・ポールブレイク・グリフィンのコンビが機能するようになったころから、ロサンゼルス クリッパーズは快進撃を魅せます

プレイオフでの力不足

J・J・レディック

2012-2013年は56勝26敗でディビジョンを制し、第4シードでプレイオフを迎えますが、1回戦の壁を突破することができませんでした。
翌年は第3シードでプレイオフに臨み、カンファレンス準決勝まで進みます。

それからもプレイオフには進出するものの、なかなか勝ちきることができません。
レギュラーシーズンでは強さを見せるのに、プレイオフでなかなか勝ち進むことができないというジレンマに、応援をする人たちは毎年やきもきさせられています。

2015-16シーズン

クリス・ポール

クリス・ポールにマックス契約を提示できずトレードで失ってしまった上に、チームはブレイク・グリフィンをも手放してしまいました。

ブレイク・グリフィン

名選手を立て続けに失い、今後はしばらく球団の再建に充てる時間が続きそうです。

これからのロサンゼルス クリッパーズ

ドック・リバースHC

NBAを代表する人気チームのレイカーズに隠れてあまり目立たない印象があったクリッパーズですが、近年では勝敗の成績が逆転することもしばしば。
しかしチームは再び核となる選手を失ったため、しばらくは若手選手中心チームの成長を見守っていく形が続きそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です