NBAファイナルで曲が使用された事があるDJAvicii(アヴィーチー)さんが急死

 

世界的なEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)ブームの立役者として活躍した人気DJで音楽プロデューサーのアヴィーチー(Avicii)さんが、28歳の若さで亡くなった
21日、所属レコード会社の公式サイトで伝えられた。

アヴィーチーさんは現地時間20日オマーンの首都マスカットで亡くなっているところを発見されたという。
死因などは明らかにされていない

スウェーデン出身のアヴィーチーさんは2013年に「Wake Me Up」「You Make Me」「Hey Brother」などが大ヒット。
世界的なEDMブームをけん引した。
2016年にはライブ・DJ活動を休止すると発表していた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000319-oric-ent

 

■Avicii – Wake Me Up (Official Video)

 

■Avicii – You Make Me

 

■Avicii – Hey Brother (Lyric)

 

NBAファイナルで使用された曲

出典:http://www.nba.co.jp/nba/2015-nba-finals-warriors-vs-cavaliers-archives/1f3nfeeuh8itzwvvjrid2b9q

■Avicii – Heart Upon My Sleeve (Audio)

 

Avicii(アヴィーチー)プロフィール

出典:https://www.interest-all.com/avicii-gomeifukuooinorishimasu/

・本名:ティム・バークリング(Tim Bergling)

・別名:ティム・バーグ(Tim Berg)、トム・ハングス(Tom Hangs)

・生誕:1989年9月8日

・出身地:スウェーデン・ストックホルム

・ジャンル:ハウスミュージック、エレクトロニック・ダンス・ミュージック、エレクトロ・ハウス、プログレッシブ・ハウス、テックハウス

・職業:DJ※2016年に引退、ミュージシャン、音楽プロデューサー

・活動期間:2006 – 2018

・レーベル:ユニバーサルミュージック、アイランド・レコード、キャピトル・レコード、Ultra Music、Vicious Vinyl、Big Beat Records、PRMD、LE7ELS

・共同作業者:デヴィッド・ゲッタ、レニー・クラヴィッツ、ナイル・ロジャース

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/アヴィーチー

ツイッターの反応

ヤフコメ共感順

EDMブームを牽引したと言っても、彼の曲はどれもエモーショナルでEDMブームの中では1人だけ違う枠のアーティストという認識でした。
メンタル面の弱さはあったようですが、そこが彼の曲に反映されていたのではないかと思います。
実に残念でなりまりません。ご冥福を。

 

EDMブームの先駆けだったね。
DDRやダンスラッシュにも入ってて音ゲーマーにも馴染みの深い人でした。
ご冥福をお祈りします。

 

私は英語が苦手ですが、よく彼の曲の歌詞を和訳していました。
The Nightsという曲で「記憶に残る人生を歩むんだ」という歌詞がありますが、彼自身短い人生でしたが沢山の記憶を残せたと思います。

 

あなたの書く美しい歌詞、一生忘れません。
なぁ、兄(弟)よ。発見を繰り返していく道が、果てしなく続いてるんだよ。
なぁ、姉(妹)よ。甘い言葉をかけてくれる友人も良いけど、家族の絆に勝るものはないよ。

 

最後に

出典:https://andmore-fes.com/5853/

世界的に有名なアヴィーチーの早すぎる死に驚きを隠せません。
死因を公表する可能性はかなり低そうです。

「アヴィーチーとして活動していたティム・バークリングが亡くなったことを深い悲しみとともにお知らせします。
彼は4月20日午後(現地時間)にオマーンのマスカットで亡くなっているところを発見されました。
家族は深い悲しみに打ちひしがれています。
このつらい時期、皆さんがプライバシーを尊重してくれることを望んでいます。
今後これ以上の声明は発表しません」。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00010000-ellegirl-ent

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です