【NBAプレイオフ2018】ロケッツがアウェーでウォリアーズを下す!ウエスタンカンファレンス第4戦(5月23日)

ロケッツが敵地で貴重な白星

NBA西地区決勝の第4戦が22日(日本時間23日)にオークランドで行われ、ロケッツが95-92(前半53-46)の接戦を制して2勝2敗
ウォリアーズのプレーオフでのホーム連勝記録を16(リーグ最長記録)で阻止して、ホーム・アドバンテージを奪還しました。

ロケッツの滑り出しは不調でした。
ティップオフから5分18秒間にわたって連続8本のシュートを外し0-12と後手に回ります。
しかし第2Qは34-18
残り2分22秒で44-43といったん逆転し、第1Qの初得点からわずか16分20秒間で12点差をはねのけて試合をリセット

ジェームズ・ハーデン(28)が43分の出場でチーム最多の30得点
クリス・ポール(33)は42分で5本の3点シュートなどで27得点
エリック・ゴードン(29)の14得点を含め、
7人のローテーションによる少数精鋭で対抗し、10点差を追いかけるところから始まった勝負どころの第4Qでは25-12と圧倒してウォリアーズのファンを沈黙させました。

4年連続のファイナル進出を目指すウォリアーズは第3戦で52.5%に達していたフィールドゴール(FG)の成功率が39.3%にまで低下
第3Qにはこの日27得点を挙げたステフィン・カリー(30)が3点シュートを3本連続で成功させ、このクオーターを終了した時点で80-70としたが、土壇場でシュートの精度を欠きました

ケビン・デュラント(29)も27得点12リバウンドを記録。
しかし残り3分18秒からチームのFGは6本すべて失敗

92-94で迎えた残り2.2秒にはクレイ・トンプソン(28)が無理な体勢からのシュートを強いられ(エアボール)、残り0.5秒からのプレーではカリーが左のコーナーから3点シュートを放つがリングに嫌われ試合終了。

ロケッツポール
「ここで絶対ひとつ勝たなくてはいけないのがわかっていた。第5戦はタフな試合になるが場所はヒューストン。なんとしても勝ちたい」
と笑顔。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000096-spnannex-spo
Yahoo!ニュース

【5月23日】ウォリーアーズVSロケッツハイライト動画

■Golden State Warriors vs Houston Rockets Full Game Highlights / Game 4 / 2018 NBA Playoffs

ファンコメント 共感順

デュラント加入後、最大の強敵かもしれませんね

 

これで本当に分からなくなった。ホームコートアドバンテージがあまり関係ないみたいだし、次からのゲームプランと選手の気合いが優ったチームが勝ちあがるのかな。
そうなるとロケッツに軍配。
ただしGSWには経験があるからな。
やっぱり読めない。

 

第7戦までもつれるかもしれんな。

 

しかしこのカードで100点を切るロースコアになるとは。
組織だったDFも相当優れてるからこそだろうね。
CLEファンだけど、これは仮にファイナルに行けたとしてもどちらが上がってきても相当キツいな…わかってたことだけど。
HCAのHOU、経験のGSWといったところで、全く読めないね。
次戦も本当に楽しみ。

 

意外にも何処が上がってもチャンピオンは予想外なチームかもな。
西が事実上とか言われてるけど、レブロン無双が来たらキャブスだろうし、スティーブンスの采配が勝るかもしれないし、何だかんだ言って群雄割拠。ウォリアーズ、ロケッツがファイナル進出してもイーストに勝てる保証なんて何処にもない。結論、これからが楽しみ!!

 

今期は両カンファレンス予測しづらくなったなー。
それにしても今日の試合はお互いオフェンスがすごいけど、点差も含め面白い試合だったな。

 

ツイッター反応

 

ジェームズ・ハーデンのプロフィール

出典:http://bly2.1af.net/article/392885407.html

・本名:James Edward Harden,Jr.
・出身地:カリフォルニア州ロサンゼルス
・生年月日:1989年8月26日
・身長:196cm
・体重:100kg
・シューティング・ガード/ポイント・ガード

選手経歴
・オクラホマシティ・サンダー (2009~2012)
・ヒューストン・ロケッツ (2012~)

クリス・ポールのプロフィール

出典:http://matomenba.com/blog-entry-563.html

・本名:Christopher Emanuel Paul
・出身地:ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム
・生年月日:1985年5月6日
・身長:183cm
・体重:79kg
・ポイント・ガード

選手経歴
・ニューオーリンズ・ホーネッツ (2005~2011)
・ロサンゼルス・クリッパーズ (2011~2017)
・ヒューストン・ロケッツ (2017~)

エリック・ゴードンのプロフィール

出典:http://hoops-japan.com/baske-ball-20180201a/

・本名:Eric Ambrose Gordon, Jr.
・出身地:インディアナ州インディアナポリス
・生年月日:1988年12月25日
・身長:193cm
・体重:98kg
・シューティングガード

選手経歴
・ロサンゼルス・クリッパーズ (2007~2011)
・ニューオーリンズ・ホーネッツ/ペリカンズ (2011~2016)
・ヒューストン・ロケッツ (2016~)

ステフィン・カリーのプロフィール

出典:https://shinbishika-guide.com/stephen-curry/

・本名:Wardell Stephen Curry II
・出身地:オハイオ州アクロン
・生年月日:1988年3月14日
・身長:191cm
・体重:86kg
・ポイント・ガード

選手経歴
・ゴールデンステート・ウォリアーズ(2009~)

ケビン・デュラントのプロフィール

出典:http://nba-interest.com/2018/03/09/post-433/

・本名:Kevin Wayne Durant
・出身地:ワシントンD.C.
・生年月日:1988年9月29日
・身長:206cm
・体重:107kg
・スモール・フォワード

選手経歴
・シアトル・スーパーソニックス(2007~2008)
・オクラホマシティ・サンダー(2008~2016)
・ゴールデンステート・ウォリアーズ(2016~)

クレイ・トンプソンのプロフィール

出典:http://nbama.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

・本名:Klay Alexander Thompson
・出身地:カリフォルニア州ロサンゼルス
・生年月日:1990年2月8日
・身長:201cm
・体重:93kg
・シューティングガード

選手経歴
・ゴールデンステート・ウォリアーズ(2011~)

最後に

今回はアウェーのロケッツが勝ちました。
これで最後まで分からなくなりました!
ウォリアーズは調子の波が激しいですねー。

次回のロケッツとウォリアーズの試合は5月25日(金)です。

前回の試合内容↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です