【RakutenTV】主催、NBAファイナル2018「パブリック・ビューイング・パーティー」にスパーズのダニー・グリーンが特別ゲストとして来日!

明日、6月1日(金曜)はいよいよNBAファイナルの第1戦目が始まります。
対戦カードは、
西地区:ウォリアーズ[VS]東地区:キャバリアーズ
となっています。

前回ご紹介した「RakutenTV」のイベント、
「パブリック・ビューイング・パーティー」も明日の6月1日(金曜)に開催されます。(東京会場)

前回ご紹介した後に追加ゲストが決まったようです。
「東京会場」
新潟アルビレックスBB五十嵐圭選手。

「大阪会場」
シーホース三河金丸晃輔選手、
元WNBAプレイヤー大神雄子さん、
Rakuten NBA 32メンバー。

以上の方が追加されています。

東京会場のファイナル第1戦(録画)観戦「パブリック・ビューイング・パーティー」の目玉はやはり今年のプレイオフ2018に出場した現役NBA選手、サンアントニオ・スパーズ所属のダニー・グリーンがゲストで来日する事でしょう!

 

ダニー・グリーンとは?

ダニー・グリーン

出典:https://ameblo.jp/buzzer-beater1/entry-11855163467.html

1987年生まれのダニー・グリーンは、身長198cm・体重95.3kg・手を伸ばした長さは208cmのNBA選手です。
高校時代にはアメフトも経験しました。

ノースカロライナ大でACCオール守備チームに選ばれ、NCAA王者に同大学を導いています。
大学を卒業して2009年にNBAドラフト46位でクリーブランド・キャバリアーズに指名されました。
何度かウェーバーDリーグも経験してサンアントニオ・スパーズと2011年に契約しました。

ダニー・グリーンのプレースタイル

ダニー・グリーン

出典:http://matomenba.com/blog-entry-705.html

ダニー・グリーンスウィングマンです。
特に得意なのが3点シュートで、スパーズに入って2年目にはその才能を開花させます。
ロングシュートだけではなく、カットなど攻撃のバリエーションも増やしていき、いわゆるロールプレーヤーからチームの主軸へと成長していきました。
フリースローも得意で、チームスローを担当することもあります。

ディフェンスも彼の持ち味です。
粘り強く相手につき、シュートの機会を減らします。
少しずつ相手のエース格をマークする立場になり、地味ですがチームに貢献する選手です。

ダニー・グリーン

出典:http://zaizaru.com/tradinggreenaldridge/

運動能力に秀でたタイプではないですが、常勝チームであるスパーズにおいてなくてはならないピースとなりました。
プレイオフでも高確率で3点シュートを決めるなど、勝負強さも併せ持ちます。
ベテランの域に入ってきましたが、着実なプレーと経験でチームを精神的にも引っ張ります。

今後のダニー・グリーンは?

ダニー・グリーン

出典:http://www.nba.co.jp/nba/danny-green-re-signed-with-spurs/110sdb4p623oz1sg91cxtt0sbk

2015年、フリーエージェントになった日にスパーズと4年4500万ドルで再契約を果たします。
この金額年数から、チームにいかに必要とされているかよくわかります。

その後も着実にキャリアを重ね、スリーポイントではチームの歴代2位の成功数記録を持ちます。
守備の献身は相変わらずで、屋台骨を支えています。

数字には現れない側面での貢献も多く、チームプレーに徹する姿にヘッドコーチや若手からの信頼も厚いです。
毎年出場しているプレイオフでの経験はチームには得難い武器です。
今後も縁の下の力持ちとして常勝チームを支えていくダニー・グリーンから目が離せません。

プレーオフ2018特集ページはコチラ

ダニー・グリーンのプレー動画

■ALL of Danny Green’s Record-Breaking Finals Threes

■Danny Green – 3PT Specialist

■Danny Green: NBA Shooting Secrets

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です