【NBAプレイオフ2018】ウォリアーズがキャバリアーズに3連勝して優勝に王手!NBAファイナル第3戦(6月7日)

 

ウォリアーズがアウェーで勝利して3連勝!ケビン・デュラントは43得点

【ホームコート】キャバリアーズ

NBAファイナルは6日(日本時間7日)にクリーブランドで第3戦を行い、ウォリアーズが122-102(前半52-58)でキャバリアーズを下し3戦全勝で優勝に王手をかけました!

NBAファイナル第3戦ではケビン・デュラント(29)が43分出場して爆発しました!
フィールドゴール(FG)を23本中15本
3点シュートを9本中6本
フリースロー(FT)を7本全部成功させてプレーオフ自己最多43得点をマーク!

第4Qの残り49・8秒には距離10メートルの長距離砲をサク裂させてダメ押しの3点を追加

「ショットクロックがほとんどなかったので遠かったけれどもシュートを打った。視野は開けていたからね。走りこんでシュートを失敗すると反撃にあうから思い切って打った」

と大詰めでのビッグショットを振り返りました。

ステフィン・カリー(30)は出だしから得意の3点シュートを9本連続で外し、第4Qの残り2分38秒には10本目で初成功
リードが6回も入れ替わったこのクオーターを27-21で制しました。
結局カリーはFG16本中、成功は3本のみで11得点です。

アンドレ・イグダーラ(34)は22分の出場で8得点を記録し、
ジャベール・マギー(30)は14分で10得点をマーク。

キャバリアーズは第2Q途中で最大13点をリードしながら後半のスコアは44-58。
レブロン・ジェームズ(33)は47分出場して
33得点10リバウンド11アシストを記録し、
今プレーオフ4回目トリプルダブルを達成しましたが勝利できませんでした

ケビン・ラブ(29)は20得点13リバウンド
JR・スミス(32)は13得点を稼いだものの、土壇場では精彩を欠いて苦杯。
ロドニー・フッド(25)が26分出場して15得点をマーク、
カイル・コーバー(37)は4本の3点シュートをすべて外して無得点

キャバリアーズはホームゲームでしたが負けてしまい、崖っ縁に追い込まれてしまいました。

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000107-spnannex-spo
Yahoo!ニュース

 

【6月7日】ウォリーアーズVSキャバリアーズハイライト動画

■Cleveland Cavaliers vs Golden State Warriors Full Game Highlights / Game 3 / 2018 NBA Finals

ファンコメント 共感順

デュラントがエグかった。
タフに見えても余裕で決めてくるし、困ったらアイソしたら点決めてくれるし、デュラントが回してた時間帯もあったし。
好き嫌い抜いて、システム度外視してみたら、選手個人だけの能力でみたら、GSWの中ではデュラントが一番凄いと思う。

 

これほどまで去年のファイナルをなぞりますかね。
死力を尽くし150%の力で臨んだキャブス。
レブロンの出場時間47分が物語っています。
一方AIが戻ってきて盤石のウォリアーズは普段通りにプレイをするのみ。
カリーが少々調子が悪くても周りが十分カバーしてくれる。
1つのゴールを奪うための労力が、両チームで違いすぎます。
ゲームのとどめを刺したのは、昨年ファイナルのGame3同様、KDのロングスリーポインター。
直後の彼の表情は任務を遂行した暗殺者のようでした。
去年はキャブスが最後の意地を見せてGame4は勝利しましたが、果たして今年はどうなるでしょうか。

 

2戦目は完敗だったけど、1.3戦は接戦と言えるくらい
いい勝負してるけど、最後がやはり戦力差があると感じさせられる内容だった。
さすがに、レブロンの休憩がないのが、響いてきてる感じ。

 

JR、トリスタン、ロドニー・フッド。
コートの内外で色々とやらかしたキャブスのメンバーがホームコートでようやく活躍し始めて終盤までナイスゲームだった。
そんな仲間たちを最後まで信じて、パスを出し続けたレブロンに敬意を表したい。
ゲームが終わってロッカーに帰って行くレブロンの背中がとても寂しく映った。
茫然自失の顔で引き上げて行くルーの顔を見る限り、もはやキャブスにここから巻き返す秘策は無いかもしれない。
GSWのファンだが、レブロンとの4年連続のファイナルを振り返って、少しグッとくるものがあった。
もしかしたら次戦がラストになるかもしれないキャブスとのファイナルを最後まで楽しみたいと思う。

 

KDの凄さがこれでもかって出た。
得点よりも、efficiencyがやばい!
FG、3Pの成功率が高く、REB、ASTもちゃんとやった。
去年のGame3のデジャヴのような最後。
このまま勝ち切ってしまいそうな勢い。

 

第1戦のように終盤まで互いに譲らず面白い展開でした。
CLEはレブロンはもちろん、ラブ、スミス、フッドも奮闘していました。
4Q終盤まで一桁点差で、レブロンの時間帯がいつ来るのかと思っていましたが…
捻挫の影響からか精度を欠いていましたね。
GSWはチームとしての総合力がやはり高いですね。
KDの攻撃があったからこそ大きく離されなかったですが、ボールムーブも良く、マギーもベルも良かったです。
次で決まるのか。土曜日が楽しみです。

 

ロングスリーを見たら、去年のレブロン越しのスリーを思い出した!
KDは浮き沈みが少ない気がする。
今年も第4戦KD爆発したらMVPかな?

 

ツイッター反応

ケビン・デュラントのプロフィール

出典:http://nba-interest.com/2018/03/09/post-433/

・本名:Kevin Wayne Durant
・出身地:ワシントンD.C.
・生年月日:1988年9月29日
・身長:206cm
・体重:107kg
・スモール・フォワード

選手経歴
・シアトル・スーパーソニックス(2007~2008)
・オクラホマシティ・サンダー(2008~2016)
・ゴールデンステート・ウォリアーズ(2016~)

ステフィン・カリーのプロフィール

出典:https://shinbishika-guide.com/stephen-curry/

・本名:Wardell Stephen Curry II
・出身地:オハイオ州アクロン
・生年月日:1988年3月14日
・身長:191cm
・体重:86kg
・ポイント・ガード

選手経歴
・ゴールデンステート・ウォリアーズ(2009~)

レブロン・ジェームズのプロフィール

出典:https://matome.naver.jp/odai/2137899182096593501

・本名:LeBron Raymone James
・出身地:オハイオ州アクロン
・生年月日:1984年12月30日
・身長:203cm
・体重:113.5kg
・スモール・フォワード/ポイントガード

選手経歴
・クリーブランド・キャバリアーズ (2003~2010)
・マイアミ・ヒート (2010~2014)
・クリーブランド・キャバリアーズ (2014~)

 

ケビン・ラブのプロフィール

出典:http://festy.jp/web/posts/1001676

・本名:Kevin Wesley Love
・出身地:カリフォルニア州サンタモニカ
・生年月日:1988年9月7日
・身長:208cm
・体重:118kg
・パワー・フォワード/センター

選手経歴
・ミネソタ・ティンバーウルブズ (2008~2014)
・クリーブランド・キャバリアーズ (2014~)

最後に

NBAファイナル第3戦はウォリアーズが勝利
ホームでも敗れてしまったキャブスは大ピンチですね。
次の試合で勝ったとしてもその次のオラクルで敗れる可能性が高そうです。

次回のNBAファイナル第2戦の試合は6月9日(土)です。

 

前回の試合内容↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です