【NBAサマーリーグ2018】決勝を制したのはトレイル・ブレイザーズ!

 

トレイル・ブレイザーズがリベンジを果たす!

NBAサマーリーグは7月17日(日本時間18日)に決勝を行い、昨季と同一カードとなった一戦は、トレイルブレイザーズが91-73(前半50-33)で昨季の覇者レイカーズを下して優勝しました。

昨年は98-110で敗れたトレイルブレイザーズですが、今年は一度もリードを許さない完璧な内容でリベンジを果たしました。
ベンチから出たガードのK・J・マクダニエルズがチーム最多の17得点をマーク。
第3Q終了時点で20点差をつけての圧勝でした。

トレイルブレイザーズは今サマーリーグを7戦全勝で終了。
全勝での優勝は2013年のウォリアーズ、16年のブルズに続いて3チーム目となります。

大会を通してのMVPには準決勝のキャバリアーズ戦(再延長)で37得点を挙げたレイカーズのガード、ジョシュ・ハートが選出されましたが、期待された決勝では12得点に終わり、第4Qの5分すぎに審判に文句を言って退場処分となりました。

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000133-spnannex-spo
Yahoo!ニュース

サマーリーグ2018決勝ハイライト動画

■サマーリーグ 2018決勝 ロサンゼルス・レイカーズvsポートランド・トレイルブレイザーズ

NBAの試合を見る

ファンコメント 共感順

POR優勝は嬉しいが、昨シーズンPO進出チームで今シーズンPO脱落候補最右翼は否めない。
エド・デイビス、シャバズ・ネイピアー放出で2ndユニット厳しすぎ。
インサイドをヌルキッチ、アミヌ、ザック・コリンズ、ハークレス、スワニガンで廻すとでも?

 

レブロンも満足

 

来年は是非サマーリーグも日本語解説でやって欲しい!!

 

ジョシュハートは本物だな

ツイッター反応

 

ネッツから出場した渡邊雄太の過去記事

NBAの試合を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です