【NBAチーム紹介】ニューオーリンズ・ペリカンズ

 

ペリカンズの歴史

ニューオーリンズ・ペリカンズは、米国独立革命時に雀蜂の巣と呼ばれたノースカロライナ州シャーロットに1988年設立されたシャーロット・ホーネッツが前身とされ、2002年にルイジアナ州ニューオーリンズに移転すると共にニューオーリンズ・ホーネッツと改称しています。

ニューオーリンズ・ホーネッツは、2010-2011シーズン中に経営悪化によりNBAリーグの管理下に置かれた事によりトム・ベンソンを新経営者に迎え、2013年にはルイジアナ州の州鳥カッショクペリカンに因んだニューオーリンズ・ペリカンズと改称しています。

ペリカンズの名選手(90年代)

1990年には11スティールを含むトリプルダブルで知られるケンドール・ギルを見事獲得し、1991年にはルーキー・オブ・ザ・イヤーを入団した年に獲得するラリー・ジョンソンを獲得するだけで無く、1992年にNBA最優秀守備選手賞を2度も獲得するアロンゾ・モーニングを見事獲得した事により未来のシカゴ・ブルズと世間の注文を集めました。

しかし、1990年代中期にはラリー・ジョンソンとアロンゾ・モーニングが反りが合わず別々に離脱してしまいます。
1996年以降は、ジョンソンと交換トレードされて来たアンソニー・メイスンやコービー・ブライントとの交換トレードで移籍して来たブラデ・ディバッツの入団に加え、3ポイントシュートの名手グレン・ライスやボストン・セルティックスから移籍したデイビッド・ウェズリーが中心選手として大活躍します。

デイビッド・ウェズリー
出典:http://www.weblo.com/celebrity/available/David_Wesley/397651/

NBAの試合を見る

ペリカンズの名選手(2000年代~)

2000年代には、1999年のNBAドラフトで3位入団のバロン・デイビスやヒートから交換トレードで入団したP・J・ブラウン及びMONSTER MASHの異名を持つジャマール・マッシュバーンの入団に加え、オールスター出場経験を持つジャマール・マグロアやグレン・ライスとの交換トレードで移籍して来たエルデン・キャンベル等が中心選手として戦績を維持しました。

ジャマール・マグロア
出典:https://www.pinterest.co.uk/pin/323696291960688967/

2005年には、カレッジ界最高のポイントガードとしてNBA新人王を見事獲得したクリス・ポールのドラフト加入や2003年にドラフト加入したディビッド・ウェストの急激な台頭に加え、サクラメント・キングスに永久欠番を持つ名選手プレドラグ・ストヤコヴィッチタイソン・チャンドラーなどが加入します。

プレドラグ・ストヤコヴィッチ
出典:http://www.basketball-ikka.net/blog-2278.html

タイソン・チャンドラー
出典:http://coolspotters.com/athletes/tyson-chandler

2010年代には、12年に全体1位指名されたアンソニー・デイビスドリュー・ホリデー、入団後十字靭帯断裂に泣くデマーカス・カズンズ等が入団。

アンソニー・デイビス
出典:https://knownetworth.com/anthony-davis-net-worth

ドリュー・ホリデー
出典:http://bodysize.org/en/jrue-holiday/

今後のペリカンズは?

先日、カズンズがウォリアーズに移籍しました。
2018-2019年シーズンは、エースのアンソニー・デイビスドリュー・ホリデーの中心選手に加え、2018年に30得点を記録したイートワン・ムーア及び守護神エメカ・オカフォーの活躍が期待出来ます。

エメカ・オカフォー
出典:https://www.youtube.com/watch?v=EGTmIxG8Kkk

また、昨シーズンで初めてダブル・ダブルを達成したチェイク・ディアロや2017年入団のフランク・ジャクソンなど若手選手の成長が期待されています。

NBAの試合を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です