NBAのクリーブランド・キャバリアーズの歴史と有名な選手

 

NBAで活躍している、クリーブランド・キャバリアーズを調査しました。

 

クリーブランド・キャバリアーズとは?

クリーブランド・キャバリアーズとは、全米プロバスケットボール協会であるNBAのチームで、本拠地はアメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド市となります。

チーム名の中にあるキャバリアーとは騎士という意味で、略してキャブスとも呼ばれています。

クリーブランド・キャバリアーズが誕生したのは1970年で、最初の年は15勝67敗と振るわない成績で、その後も数シーズンは低迷し続け、その後はプレーオフに出るシーズンこそあったものの多くの時期は低迷期で、中々思うように強くはなれませんでした。

黄金期1

ロン・ハーパー

その後一度目の黄金期が訪れるのですが、それは1983年にガンド兄弟がチームを買収した事がきっかけで、その頃からチームは徐々に変化を迎えました。

クリーブランド・キャバリアーズは90年代のイースタン・カンファレンスを代表するチームとなり、当時マイケルジョーダンが所属していたシカゴブルズとも数々の名勝負が出来るようになるぐらいまでに強くなりました。

黄金期2

モー・ウィリアムズ

二度目の黄金期は2000年代後半で、特に2008-09シーズンにかけては初のレギュラーシーズンカンファレンス1位の成績を残し、66勝16敗で勝率は8割を超えるほどでした。

NBAファイナル

2015-16ではチーム史上初のNBAファイナルで優勝する事ができました。
1勝3敗からの逆転優勝はNBAファイナル史上初の快挙です。

レブロン・ジェームズ

レブロン・ジェームズ

クリーブランド・キャバリアーズに所属していた有名な選手として一番に挙げられるのはレブロン・ジェームズ選手で、ルーキーながらいきなりシーズン20得点5アシスト5リバウンドといった好成績を残すと、その後もエースとしてクリーブランド・キャバリアーズで活躍し続け、一旦はフリーエージェントでマイアミヒートと契約するも、その後クリーブランド・キャバリアーズに復帰し、数々の記録を残し続けています。

ジードルーナス・イルガウスカス

ジードルーナス・イルガウスカス

もう一人クリーブランド・キャバリアーズで活躍していた有名な選手としてはジードルーナス・イルガウスカスという選手で、221cmという長身もさることながら1997年から2010年までクリーブランド・キャバリアーズに在籍し続けたという事もあり、ファンの間からもキャブス一筋と言われ非常に人気の高い選手でした。

プレーオフ2018特集ページはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です